フードバンク

小麦工房ひつじのフードバンクシステムの流れ

今日救われたパンで、明日の誰かを救えるように
フードロス(食品廃棄)からフードシェア(食品共有)へ

額面の金券になる救パン券
救パン券とは、売れ残りそうなパンを救っていただいた証であり、そのパンが未来のだれかを救うかもしれない、そんな期待を込めて作った金券です。
  1. 17時以降、売れ残っているパン・サンドイッチをフードバンク枠とします。
  2. フードバンクに協力いただける方はその旨をお伝えください。フードバンク枠からお買い上げいただいた金額の10%(500円上限)の額面の救パン券をお渡しします。
  3. この救パン券は次回以降ご自身のために使っても構いません。誰かのために一部、あるいは全部を寄付することも可能です。寄付する場合はメッセージを添えて後述のボードに貼り付けてください。

※1、フードバンク協力を手持ちの救パン券、既存のポイントカード特典で行うことはできません。
※2、フードバンク協力時は通常のポイントは付きません。

善意でつなぐ救パンボード

ボードに貼られているのは、いつか誰かが善意で貼ってくれた救パン券です。
あなたが困ったときは遠慮なく使ってください。
そして、次はあなたが誰かのために貼る側であってください。

困ったときに誰でも使えるよう、救パン券を貼っていただくのは大歓迎です。

純粋に寄付していただける方は額面等ご相談ください。

既存のポイントカードで寄付する場合、額面400円の救パン券として変換します。

最後に、店主と密に連携(最低限SNS、電話などの連絡手段でやり取りができること)できる方に限りますが、宅配の手伝い(遠出するのでその先の友人に届けるなど)を行っていただいた場合、運んでいただいた商品の合計金額の20%に相当する救パン券をお渡しします。

本日のフードバンク対象商品

当日17時頃に更新します。多少前後することもありますが、17時以降店頭に並んでいるパン・サンドイッチは原則フードバンク対象商品とお考え下さい。

タイトルとURLをコピーしました